CALYPFY9久しぶりにブログを書いてみようかと思いました

押尾さんのツアーの埼玉公演の後に書こうかなとも思っていたけど。


数年前にいったん終了したこの都会の森の中のコンサート、
私が観に行ったのは最後の一度だけだったけど、
とても素晴らしかったので、今回のライブは心待ちにしてました

さて、もちろん我らの押尾コータローが出演するからですが、今回は昨年の情熱大陸ライブで初めて聴いて衝撃だった藤澤ノリマサさんの名前があったのでかなり期待。

そして期待通りの素晴らしいコラボもあったよ!

ライブ中メモなど取ってないので、いい加減な部分も多々ありますが・・・

2011年9月10日(土) 
【出  演】 押尾コータロー、藤澤ノリマサ、ル ヴェルヴェッツ
【会  場】 明治神宮 野外特設ステージ



だんだん暗くなりつつある中、
全員で、アメイジンググレイスから始まりました(あ、その前に主催者の方の挨拶と神社のお祓いがあり)


ル ヴェルヴェッツ

音大出身で身長180以上でオーデションで選ばれて結成したという5人(若い)
ただでも本格的な感じで声量があるうえに5人。すごい迫力

藤澤ノリマサさんもそうだけど、クラッシックとポップスが融合してる新しいジャンルみたいに思えた
特に、クイーンの曲10曲分?のアレンジメドレーは、ここでこの曲がこうなるのかぁ・・と感動モノでした



藤澤ノリマサ

ル ヴェルヴェッツとのコラボの後、
いきなりきた〜!


「ダッタン人の踊り」  


 昨年これを聴いて衝撃だった。是非ともまた生で聴いてみたいと思っていたので、
ラッキーだったな〜



あの歌詞は、誰がつけたんだろう?藤澤ノリマサ作詞?

クラッシックをモチーフに曲が作られているので聴いた時の驚きと新鮮さがあるんですよね。

動画サイトでみてみたら、本人が実家の目覚まし時計がこの曲だったと言ってて。。
おお、さすがの環境だったのね・・・と。


☆曲順や曲名、アバウトです


「prayer」      これも情熱大陸で聴いたような気がするなぁ

「希望の歌」(交響曲第9番がモチーフ)      

最近出したミニアルバムから数曲メドレー風


そして、押尾さんが登場し、熱い熱いコラボ

「君に逢いたい」 この曲、よく聴く有名な曲・・(原曲名、元から知らないので思い出しようがない)

押尾さんの選曲goodだったと思う。他の曲知らないけど絶対これは良かったと思う

きっと、あの二人の演奏はノリ様ファンも感動だったに違いない。 

演奏中の二人、寄りすぎ近すぎで、世界に入っていた感・・

ホントにすごく良かったです。もう一回聴きたいな


そして3番目は・・・(笑) 押尾さん本人がそう言いたかったらしい


いままで、正に歌、歌、って言うか声楽・・・
オペラ軍団の後にギターインストって、やりにくいんじゃ?

だからなのか、いきなり

「jet」

押尾さんを初めて見たオペラ系ファンの方はびっくりしたのでは〜?


「fly to the dream」

「戦メリ」

「Brand New Wings」

「ナユタ 」      

このナユタもホントに良かった・・・
大都会のど真ん中の森でのコンサート

ステージ以外は真っ暗。虫の音が響く中、押尾さんのギターの音色が幻想的で感動モノでした
贅沢な空間とはこのことだなぁ〜

歌ももちろんいいけど、こういう空間でのギターの音は最高に素敵でしたよ



君の瞳に恋してる(コータロー&ル ヴェルヴェッツ)

翼をください(全員で)

見上げてごらん夜の星を(全員で)



そもそも、ジャンルって何だろう・・・

押尾さんのステージを観に行くたびに、色々な音楽との出会いがあるのが楽しい・・

そう思いつつ、家に帰って藤澤ノリマサさんのチラシを見たら「音楽は自由。」と書いてあった

なるほど・・・



ホントに気持ちのいいライブでした




★ライブの記念にダウンロードサイトにて購入

君に逢いたい  藤澤ノリマサ